Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、iOS向けに詐欺対策備えた無償ブラウザを提供

カスペルスキーは、iPhoneやiPadで利用できる無料ブラウザアプリ「Kaspersky Safe Browser for iOS」を公開した。

同アプリは、iOSを搭載したスマートデバイスで利用できるブラウザアプリ。フィッシングサイトや詐欺サイトなどへのアクセスをブロックする機能を搭載。さらに犯罪や暴力、武器、過激な表現、ギャンブルなど、14種類のカテゴリから閲覧したくないカテゴリを選択し、アクセスを制限できる。

ウェブサイトのデータベースは、同社クラウド基盤「Kaspersky Security Network」を通じて更新するため、あらたに登場した問題サイトへも対応する。ダウンロードはApp Storeから。

(Security NEXT - 2014/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
「IOS XE」のAAAサービスにRCEの脆弱性 - アップデートで対応
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響