Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カード情報を販売する闇サイトの偽物現る - 犯罪者も騙し合い

不正取得されたクレジットカード情報を売買する闇サイトが確認されているが、さらに犯罪者を騙す「偽サイト」が登場している。

トレンドマイクロが、犯罪者集団「Lampeduza」が運営することで知られ、クレジットカード情報が売買されているアンダーグラウンドサイト「Rescator」の偽サイトを確認したもの。

問題のサイトは本物のサイトと似せた構造で、ログインするとアカウントを有効にするため、49米ドルを仮想通貨の「Bitcoin」で支払うよう要求していた。

サイトの運営者は不明だが、別の犯罪グループがその知名度を利用して偽サイトに誘導した可能性があるとトレンドマイクロでは指摘。さらに、いくつかの証拠から本物のサイトを運営する「Lampeduza」自身が関与している可能性も否定できないという。同社では引き続き監視を続けている。

(Security NEXT - 2014/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
アマゾン装うフィッシング - アカウントの「盗難」「閉鎖」など複数口実で誘導
「LINE」利用者を狙うフィッシング報告が増加
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「セゾンNetアンサー」装うフィッシング - 暫定的なID変更と不安煽る手口