Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の印刷を検知、マスキングできる「PRINT LOCKER」

テックビートは、印刷時に電子透かしを挿入したり、個人情報を検知してマスキングや印刷を中断する文書管理製品「PRINT LOCKER」を提供開始した。

同製品は、クライアントとサーバで構成されており、クライアントでは、個人情報を含む文書の印刷をする際に検知したり、印刷する文書へプリンタ名や印刷日時、文書名、バーコード、QRコードなどの電子透かしを挿入することが可能。サーバでは、認証や印刷ログを管理する。

また承認印刷機能や、印刷時に文書内の個人情報を検出し、個人情報の部分をマスキングする機能や、個人情報を検知した場合は印刷自体を中断する機能も搭載を用意した。

(Security NEXT - 2014/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
マイナンバー通知カードや個人番号カードの技術的基準案
住友電工情報シス、文書管理システム「楽々Document Plus」
三菱電機ISとフォーカス、電子透かし製品の販売で協業
透かし埋め込みソフト「紙の番人」が帳票ソリューションとの連携に対応
大塚商会、PDFファイルの利用権限制御や閲覧期限設定を実現するサービス
ハイパーギア、PDFやブラウザ画面を保護するサーバ製品を発売
印刷したユーザーや内容を特定できる「WISE Print 印刷ログ監査」