Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Silver Peakの「VXソフトウエア」に複数の脆弱性

ネットワーク通信を最適化するSilver Peakの「VXソフトウエア」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

「同6.2.2.0_47968」に2件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2014-2974」が悪用されると、本来権限がないユーザーによって管理者アカウントを作成されるおそれがある。

またクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性「CVE-2014-2975」によって、ウェブページへコンテンツやスクリプトの挿入が可能となる。

クロスサイトスクリプティングを修正した「同6.2.4」が提供されており、クロスサイトリクエストフォージェリについても今後のアップデートで修正する予定だという。

(Security NEXT - 2014/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ