Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ベネッセの個人情報漏洩に便乗、都職員を騙る不審電話 - 個人情報収集が目的か

ベネッセコーポレーションから顧客情報が流出した問題に便乗し、東京都の職員を装って個人情報を聞き出そうとする不審電話が発生している。

東京都生活文化局によれば、同局の都民生活部地域活動推進課の職員を名乗り、通販サイトなどに個人情報が流出していると嘘の説明をして個人情報を聞き出そうとする電話があったとの通報が、22日までに5件寄せられたという。

電話の具体的な事例では、「あなたの個人情報が漏洩しているか確認したい」として、ネット通販関連の企業に登録しているか聞き出そうとしていた。

また「ベネッセの個人情報流出事件に関してあなたの情報が流出している」「有名企業数社からあなたの情報が漏洩している」となどと説明。情報を削除するためには代わりの人を登録する必要があるなどと説明して、削除の見返りとして個人情報を求めるケースもあった。

都では、このような電話で個人情報を聞き出すことはないとして、不審な電話があった場合は相手にせず、都に連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/07/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
IPA、セキュリティ人材確保に向けたシンポジウム - エストニア元大統領や米サイバー軍元司令官も登壇
日本ネットワークセキュリティ協会、「JNSA賞」の受賞者を発表
6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査
印象が悪かった不祥事ランキング - 年金機構問題が6位
全世界で情報漏洩は10億件超に - ベネッセ事件の深刻度は6番目
ベネッセ装う詐欺電話に注意 - 介護施設費用や会員権取引装う
ベネッセHDら、ISMSの国際規格「ISO 27001」を取得
日本年金機構の個人情報漏洩に便乗する「個人情報削除詐欺」へ警戒を
IPA、内部不正防止ガイドラインが改訂 - 必須策と強化策を明確化