Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪大理学部のサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

大阪大学理学研究科および同大理学部のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。

同大によれば、6月12日8時30分ごろ、同大学の職員がサイトにアクセスした際、セキュリティ対策ソフトによる警告により、改ざんへ気が付いたという。同大では問題のサーバをネットワークから隔離し、改ざんの発生時期や原因などの詳細を調べている。今後あらたな事実が判明次第、公表していく予定。

同サイトでは個人情報を保有しておらず、外部流出の可能性については否定しているが、同サイトの閲覧により、ウイルスへ感染する可能性があったとして、同大では利用者にウイルススキャンの実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
フジテレビのチケットサイトで不正ログイン - 一部で不正購入も
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生
サイト接続障害、クラウドサービスへのDDoS攻撃で - ヤマシンフィルタ
会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録