Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

GMOペパボ、「JUGEM」スクリプト改ざんの原因を公表

ブログサービス「JUGEM」の一部ファイルが改ざんされた問題で、同サービスを運営するGMOペパボは、シーディーネットワークス・ジャパンのサーバ改ざんが原因であることを明らかにした。

今回の問題は、「JUGEM」において提供されている4件のJavaScriptが、5月24日未明から5月28日にかけて改ざんされたもの。同スクリプトを読み込むページを閲覧すると、「Adobe Flash Player」における既知の脆弱性「CVE-2014-0515」が攻撃され、オンラインバンキングの情報を窃取するマルウェアへ感染するおそれがあった。

影響があったサービスは、「JUGEM ポータルサイト」「JUGEM」「JUGEM PLUS」のほか、ロリポップ!の「ロリポブログ」、30days Albumの「デイズブログ」、グーペの「グーペブログ」、カラーミーショップ「ショップブログプラス」など同社関連サービスも含まれる。

これまで同社は、改ざん原因について、外部サービスに対する不正アクセスの可能性について示唆しつつも、セキュリティ上の問題を理由に具体的なサービス名は伏せていたが、6月5日にストレージサービスとして利用していたシーディーネットワークス・ジャパンのサーバが不正なアクセスを受けたことに起因することを明らかにした。

同社では今回の問題を受けて、改ざんされたファイルの修正を実施したほか、他ファイルについて改ざんが行われていないか確認を実施。自社が用意したサーバーへデータを移行した。同ブログサービスに登録されている個人情報については、外部流出のおそれはないと説明している。

また同社は、被害が拡大することを防止するため、ブログ閲覧者のほか、各ブログの運営者に対しても、閲覧者へ注意喚起を促すよう要請している。

(Security NEXT - 2014/06/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
不正DNSへ変更する「GhostDNS」、10万台以上が被害 - 70種類以上のルータが対象
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
Apple、「macOS Mojave 10.14」をリリース - 脆弱性8件に対処
【特別企画】突如企業を襲うサイバー攻撃、被害低減のポイントを名和氏が解説
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス
一部ルータに管理者以外がプロクシを設定できる問題 - 盗聴や改ざんのおそれ