Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【情報漏洩】2014年第1四半期のデータ漏洩、公表済みで約2億件 - 韓国が8割占める

米SafeNetは、2014年第1四半期におけるデータ漏洩の深刻度を指標化した「SafeNet Breach Level Index(BLI)」を発表した。

同社が、漏洩したデータの件数や種類、漏洩の原因、暗号化の有無などにより漏洩の深刻度を算出しているもので、同四半期には世界で254件のデータ漏洩が発生している。

紛失や盗難されたデータは約2億件。1日あたり3件の事件で220万件のデータが被害に遭った計算となり、前年同期から233%増となった。ただし、これら数字は公表されたものに限られ、潜在的にはさらに多くの被害が発生していると同社では見ている。

原因を見ると、悪意を持った外部侵入者による漏洩が156件で62%。内部による犯行は、11%にとどまるものの、1件の事故で漏洩したデータの件数が多く、データ件数全体の52%と半数以上を占める。事故によるデータ紛失は25%、政治的ハッカーや国による攻撃は全体の2%となった。

業界別に見ると、データ件数56%が金融機関で、20%がテクノロジー業界、9%がヘルスケア業界だった。漏洩事件が最も多かったのはヘルスケア業界で24%、金融機関が14%。発生した事件のうち、暗号化や鍵管理、認証ソリューションによってデータが保護されていたケースはわずか1%だったという。

同四半期に世界で発生したデータ漏洩事件のうち、漏洩事件の発生地域を見ると、「北米」が78%、「ヨーロッパ」が13%、「アジア」が7%となっている。

一方で、被害規模が大きかった5件のうち4件は、韓国信用調査所、韓国医師会、韓国通信、NAVERなど韓国に集中。複数の業界で1億5800万件のデータが漏洩しており、全体の79%を占めた。

(Security NEXT - 2014/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず