Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、「CSIRT/SOC構築・運用支援サービス」を提供

logotm.jpg

トレンドマイクロは、大手企業や中央省庁を対象に「CSIRT/SOC構築・運用支援サービス」を4月7日より提供開始する。

同サービスは、組織におけるセキュリティオペレーションセンター(SOC)や、インシデント対策チーム「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」の構築や運用を支援するサービス。

システムやサービス、利用環境、組織体制など踏まえた上で運用に必要な人員リソースなどを定義。体制、システムの構築にくわえ、脅威の分析についても支援する。

また模擬環境における演習や、事例に基づいた実践的なセキュリティトレーニングを提供。組織内の人材育成などをサポートする。

さらにインシデント発生時には、専用ツールを用いたログ分析など、調査や復旧支援についても対応。SOCで発見した新種マルウェアのパターンファイルを早期提供なども行う。

同社は、関連製品を含め、今後1年間に15億円の売上を目指して同サービスを展開していくという。

(Security NEXT - 2014/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍