Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、「CSIRT/SOC構築・運用支援サービス」を提供

logotm.jpg

トレンドマイクロは、大手企業や中央省庁を対象に「CSIRT/SOC構築・運用支援サービス」を4月7日より提供開始する。

同サービスは、組織におけるセキュリティオペレーションセンター(SOC)や、インシデント対策チーム「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」の構築や運用を支援するサービス。

システムやサービス、利用環境、組織体制など踏まえた上で運用に必要な人員リソースなどを定義。体制、システムの構築にくわえ、脅威の分析についても支援する。

また模擬環境における演習や、事例に基づいた実践的なセキュリティトレーニングを提供。組織内の人材育成などをサポートする。

さらにインシデント発生時には、専用ツールを用いたログ分析など、調査や復旧支援についても対応。SOCで発見した新種マルウェアのパターンファイルを早期提供なども行う。

同社は、関連製品を含め、今後1年間に15億円の売上を目指して同サービスを展開していくという。

(Security NEXT - 2014/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
クロス・ヘッドとエフセキュア、GDPR対策サービスを提供
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も