Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡崎信金のサイトが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ

岡崎信用金庫のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染する可能性のあったことがわかった。

同金庫の発表によれば、改ざんされたのはサイトのトップページで、改ざん期間は3月17日21時48分から18日19時10分までの間。改ざん箇所はすでに修正済みで、サイトは正常に稼動している。個人情報の流出は発生していないという。

改ざん期間中にサイトを閲覧した場合、PCの状態によってはウイルスに感染する可能性があったとして、念のためウイルス感染の有無をチェックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

会員サイトへPWリスト攻撃、一部改でざんやポイント使用 - ロート製薬
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
ドローン・ジャパンがサイト改ざん被害 - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
PWリスト攻撃で顧客情報改ざん、第三者クレカ情報が不正登録
葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
救急医療機関の情報サイトが改ざん被害、公開を停止 - 鳥取県
病院や施設など24サイトが改ざん - 北海道の医療法人
「ベネッセの介護相談室」が改ざん被害 - 外部サイトへ誘導
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス