Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

岡崎信金のサイトが改ざん、閲覧でウイルス感染のおそれ

岡崎信用金庫のウェブサイトが不正アクセスにより改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染する可能性のあったことがわかった。

同金庫の発表によれば、改ざんされたのはサイトのトップページで、改ざん期間は3月17日21時48分から18日19時10分までの間。改ざん箇所はすでに修正済みで、サイトは正常に稼動している。個人情報の流出は発生していないという。

改ざん期間中にサイトを閲覧した場合、PCの状態によってはウイルスに感染する可能性があったとして、念のためウイルス感染の有無をチェックするよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん
外部から不正投稿、意図しない記事を掲載 - 日本証券新聞
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サイト改ざんで外部サイトに誘導 - ケーヨーデイツー
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害
通販サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 現代ギター社