Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンド、セキュリティ対策ソフトの導入率低いMac向けに新製品

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター for Mac」を提供開始した。

同製品は、Mac OS Xに対応したセキュリティ対策ソフト。不正プログラム対策のほか、ペアレンタルコントロールや不正サイトへの判定、SNSにおけるプライバシー設定を確認できる機能などを搭載している。

同社では、これまでもWindowsやMacに関係なく3台まで利用できる「ウイルスバスター クラウド」を提供してきたが、Windowsと比較し、セキュリティ対策ソフトの導入率が低いMac OS Xに特化した製品を投入した。

同製品はダウンロード版のみの提供となり、価格は3380円。

(Security NEXT - 2014/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
Google、「Chrome 83.0.4103.116」をリリース - 脆弱性を修正
「VMware Tools for macOS」に脆弱性 - 特定環境のみ影響