Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

西鉄のウェブサイトが改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

西日本鉄道のウェブサイトが、不正アクセスにより改ざんされていたことがわかった。閲覧により不正サイトに誘導され、ウイルスに感染する可能性があった。

改ざんが発生したのは、ウェブサイトで提供しているコンテンツ「高宮はるかのにしてつ新発見!」と「西鉄駅伝部」。7月8日21時ごろから11日21時前にかけて改ざんされた状態となった。この間に約3800件のアクセスがあったという。

同社では改ざん発覚後、被害が生じたサーバをネットワークから遮断。経緯など詳細を調べている。今回の不正アクセスにともなう情報漏洩については否定した。

また今回の不正アクセスによる影響で、同じサーバで配信している「西鉄沿線Web」が閲覧できない状態となっている。同社では、心当たりがある利用者に対し、ウイルス感染の有無を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託業務の電話勧誘で録音改ざん、管理者指示で - りらいあ
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
サイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導 - ロボット開発会社
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を