Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、年次計画「サイバーセキュリティ2013」を決定

政府は、情報セキュリティ政策会議の第36回会合を開催し、年次計画を定めた「サイバーセキュリティ2013」を決定した。

同計画は、国家戦略として決定した「サイバーセキュリティ戦略」の年次計画。6月10日から同月24日までパブリックコメントを実施し、69件の意見が寄せられた。表現の修正など一部修正した上で決定している。

政府機関や重要インフラ事業者、各企業のほか、サイバー空間における犯罪対策や防衛、人材育成、リテラシー向上、国際連携といった面から、2013年度から2014年度までに実施する具体的な施策を示した。

警察庁によるサイバー犯罪の取り締まり強化や官民連携によるサイバーインテリジェンス対策の構築のほか、防衛省における「サイバー防衛隊」の新設なども盛り込まれている。

(Security NEXT - 2013/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍