Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、年次計画「サイバーセキュリティ2013」を決定

政府は、情報セキュリティ政策会議の第36回会合を開催し、年次計画を定めた「サイバーセキュリティ2013」を決定した。

同計画は、国家戦略として決定した「サイバーセキュリティ戦略」の年次計画。6月10日から同月24日までパブリックコメントを実施し、69件の意見が寄せられた。表現の修正など一部修正した上で決定している。

政府機関や重要インフラ事業者、各企業のほか、サイバー空間における犯罪対策や防衛、人材育成、リテラシー向上、国際連携といった面から、2013年度から2014年度までに実施する具体的な施策を示した。

警察庁によるサイバー犯罪の取り締まり強化や官民連携によるサイバーインテリジェンス対策の構築のほか、防衛省における「サイバー防衛隊」の新設なども盛り込まれている。

(Security NEXT - 2013/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
セキュリティ対策の情報開示のあり方でパブコメ - 総務省