Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、年次計画「サイバーセキュリティ2013」を決定

政府は、情報セキュリティ政策会議の第36回会合を開催し、年次計画を定めた「サイバーセキュリティ2013」を決定した。

同計画は、国家戦略として決定した「サイバーセキュリティ戦略」の年次計画。6月10日から同月24日までパブリックコメントを実施し、69件の意見が寄せられた。表現の修正など一部修正した上で決定している。

政府機関や重要インフラ事業者、各企業のほか、サイバー空間における犯罪対策や防衛、人材育成、リテラシー向上、国際連携といった面から、2013年度から2014年度までに実施する具体的な施策を示した。

警察庁によるサイバー犯罪の取り締まり強化や官民連携によるサイバーインテリジェンス対策の構築のほか、防衛省における「サイバー防衛隊」の新設なども盛り込まれている。

(Security NEXT - 2013/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
NECとFFRI、海外製品由来の問題に影響受けない製品を共同開発
地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
制御システムのセキュリティ担当者向けに演習実施 - IPA
サイバー防衛テーマのシンポジウムが熱海で開催
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査