Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アノニマスによる攻撃で朝鮮新報の登録者情報が流出

朝鮮新報社は、朝鮮総連の機関誌である朝鮮新報の電子版購読会員の個人情報が、アノニマスを名乗る活動家によって公開されたと発表した。

4月20日に同社サイトが不正アクセスを受け、登録情報のデータが不正に取得されたもの。アノニマスでは北朝鮮の関連サイトに対する攻撃を展開しており、今回の攻撃では同サイトの登録者情報3530件を取得、公開した。

同サイトでは、従来より無料の会員サービスとしてコンテンツを提供してきたが、今回の事態を受け、IDやパスワードを必要とする会員制を当面中止し、すべてのコンテンツを公開するとしている。またIDやパスワードを特定されるおそれがあるとして、使い回しなどへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
国内に多数のアノニマスFTP - うっかり情報公開に注意を
厚生労働省のサイトが閲覧できない状態に
DDoS攻撃で停止した日産サイト、6日ぶりに復旧
厚労省のウェブサイトにDDoS攻撃 - 一時停止
アノニマスが日本の政府機関を攻撃すると宣言 - 大規模攻撃に発展するおそれも
活動家によるサイバー攻撃被害、情報公開のバランスが重要 - ラック伊東氏
Apple端末のユーザー情報1200万件が流出の可能性 - 活動家が一部公開
【書籍】アノニマスなど台頭する「ハクティビズム」の実情に迫る新書が登場
お茶目な「アノニマスたん」は存在しない - 狙いは「霞ヶ関」ではなく「脆弱性」