Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

森永ヒ素ミルク事件の裁判関係資料を紛失、被害者455人の個人情報も - 厚労省

厚生労働省は、職員が地下鉄の車内で、1955年に発生した森永ヒ素ミルク中毒事件の関係者および被害者の個人情報が記載された裁判関係資料を紛失したことを明らかにした。

紛失したのは、裁判関係資料を綴ったファイル2冊。訴状の写しには原告関係者3人と、国以外の被告関係者10人の氏名および住所などが記載されていた。参考資料には、1979年当時の森永ヒ素ミルク飲用者証明書の交付対象者455人の氏名や居住市町村が記載されたリストが含まれる。

2月20日23時ごろ、職員が帰宅途中に東京メトロ丸の内線車内において、資料が入った紙袋を座席上の網棚に置いたところ、下車する際になくなっていることに気付いたという。同省では警察へ被害を届けるとともに原告へ謝罪。関係者への対応については、関連団体と協議を進めている。

(Security NEXT - 2013/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立病院で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
患者情報747件含むUSBメモリを地下鉄で紛失 - 帝京大付属病院
委託先が住民基本台帳データなど含むPCを地下鉄へ置き忘れ - 玉野市
個人情報含むDVDを地下鉄車内に置き忘れ - 大阪府
コインロッカー利用者の個人情報含む書類を紛失 - 大阪メトロサービス
地下鉄駅構内で個人情報含む書類が盗難被害 - 森ビルグループ会社
ニート予防事業で個人情報含むPCが盗難 - 大阪府
教諭が個人情報を地下鉄ホームのベンチに置き忘れて紛失 - 大阪市
融資を受けた事業者の情報など含む申請関連書類を紛失 - 大阪市
クレジットカード売上票333枚を紛失 - ユニクロ