Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップデートせず脆弱性を放置するユーザーが多数存在 - カスペルスキー調査

Kaspersky Labは、ソフトウェアの脆弱性がもたらす脅威について調査し、結果を取りまとめた。サポートが終了した旧バージョンを引き続き利用するユーザーが多数存在するという。

同社が、クラウド基盤「Kaspersky Security Network(KSN)」に接続する1100万を超えるユーザーのデータを分析したもの。

2012年を通じて1億3200万件以上の脆弱性を発見し、1ユーザーあたり平均12件の脆弱性が存在した。なかでも「Shockwave」「Flash Player」「iTunes」「QuickTime」「Java」が目立ったという。

発見された脆弱性の種類は800超に及ぶが、年間を通じて10%以上の端末から1週間以上にわたり検知された脆弱性は37種類で、これらが検知された全脆弱性の70%を占める。そのうち「Java」では5種類、「Flash Player」では2種類、「Adobe Reader」では1種類の脆弱性が攻撃者によって広く利用された。

またセキュリティ上の問題が修正された最新版へのアップデートも進んでいない。最新バージョンの「Java」公開後、6週間以内にアップデートしたユーザーは28.2%にとどまり、70%以上のユーザーが脆弱性を放置している状況だった。

さらにサポートが終了した2010年版の「Flash Player」は、平均10.2%のPC上で稼働しているほか、2011年12月に発見された「Adobe Reader」の脆弱性が13.5%のPC上で検知された。いずれも年間を通じて減少する傾向は見られなかったという。

(Security NEXT - 2013/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
不正アクセス事件の検挙件数が前年比3割増 - 被疑者は10代、動機は「好奇心」が最多
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査