Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Androidアプリを勧めるメールに注意 - 多種多様なアプリを装い情報窃取

シマンテックは、一見有用なアプリに見せかけ、端末内の情報を窃取するAndroidアプリが、引き続き出回っており、ダウンロードを促すスパムも発信されているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、情報を窃取して外部へ送信するトロイの木馬「Android.Enesoluty」に関わったグループが積極的に活動を展開しているもの。同トロイの木馬は、偽セキュリティ対策アプリ「安心ウイルススキャン」として9月に発見されている。

同グループはドメインを多数登録して、悪質なアプリを配布しており、アプリのダウンロードへ誘導するスパム送信を続けている。問題のスパムは、正規のニュースレターを装い、「Android App Magazine」や「Smart Magazine」といった件名で送信されているという。

配布されているアプリの種類も、偽セキュリティ対策アプリに限らず、バッテリや電波を改善するツールや人気アイドルのビデオアプリ、アダルト系のビデオダウンロードアプリ、人気アニメキャラクターの関連アプリなど、あらゆる分野に及んでいる。

不正アプリと気が付かずインストールすると、連絡先の情報が取得され、外部サーバに送信される。収集されたメールアドレスは、出会い系サイトへの誘導など、さまざまなスパムメールの大量送信に利用されている。

またこうした活動を行っているのは同グループに限らず、「Android.Loozfon」や「Android.Ecobatry」など、ほかにも不正アプリが流通しており、同社は、アプリを入手する場合に信頼できるアプリベンダーを利用したり、セキュリティ対策アプリを活用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ