Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Flash Player」が深刻な脆弱性を修正 - Windows版は早急な適用を

Adobe Systemsは、深刻な脆弱性を修正した「Adobe Flash Player」のアップデートを公開した。

今回のアップデートは、すべてのプラットフォームを対象としたもので、あわせて7件の脆弱性を修正したもの。脆弱性が悪用されると、システムがクラッシュし、制御を奪われる可能性がある。

同社では、WindowsとMacの利用者向けに最新版となる「同11.5.502.110」を提供。Linuxには「同11.2.202.251」を公開した。最新版へアップデートできない利用者には、「10.3.183.43」を用意している。

Androidユーザーには、「同11.1.115.27」「同11.1.111.24」を提供。ただし、新規提供は8月に終了しており、従来からの利用者に限られる。

「Chrome」や「Internet Explorer 10」へ同梱されているプログラムについては、それぞれのアップデートで対応する。また「Adobe AIR」についても修正を行っており「3.5.0.600」を提供する。

適用優先度は、Windows版が3段階中もっとも高い「1」にレーティングされており、同社では、72時間以内にできるだけ早く適用するよう推奨している。Mac OS X版は1段階低い「2」で30日以内をアップデートの目安に設定。それ以外のプラットフォームは、適用優先度「3」としている。

(Security NEXT - 2012/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正