Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生238人の個人情報を5カ月間ネット上に誤って公開 - 愛知教育大

愛知教育大学において、学生の個人情報含むレポート238人分が、インターネット上に誤って公開されていたことがわかった。

誤って公開されていたのは、同大学教員が昨年担当した講義の受講生238人のレポートで、受講生の氏名、学籍番号、専攻名などが含まれていた。

9月21日、学生から自分の名前を検索サイトで検索するとレポートが表示されるとの指摘があり、判明した。同教員が管理するサーバの設定ミスが原因で、4月14日からネット上で閲覧できる状態にあったという。二次被害などは確認されていない。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
振込詐欺被害者の個人情報を誤ってネット公開 - 大阪府
長野県、なりすまし職員に公文書渡す - 確認口頭のみで
公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
ポイントカード申込書が所在不明、2カ月分の郵送が未着 - キリン堂
職員採用試験で受験者本人以外の全受験票を誤交付 - 静岡県
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県