Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生238人の個人情報を5カ月間ネット上に誤って公開 - 愛知教育大

愛知教育大学において、学生の個人情報含むレポート238人分が、インターネット上に誤って公開されていたことがわかった。

誤って公開されていたのは、同大学教員が昨年担当した講義の受講生238人のレポートで、受講生の氏名、学籍番号、専攻名などが含まれていた。

9月21日、学生から自分の名前を検索サイトで検索するとレポートが表示されるとの指摘があり、判明した。同教員が管理するサーバの設定ミスが原因で、4月14日からネット上で閲覧できる状態にあったという。二次被害などは確認されていない。

(Security NEXT - 2012/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報が流出、開発プラットフォームの設定ミスで - 道新SC
一部Pマーク審査員の氏名を誤掲載 - JIPDEC
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
登録団体関係者の個人情報を誤送信 - 横浜市
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
生徒や保護者の個人情報含むファイルを誤掲載 - 滋賀県日野町
貯金者情報1.7万件含む資料をネット上に誤公開 - JA横浜
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性