Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コミュニティサイト「みなくる」に不正アクセス - ログイン情報やメルアドが流出

東海コミュニケーションズが運営するコミュニティサイト「みなくる」が、不正アクセスを受け、会員情報が外部へ流出した可能性があることが判明した。

同社によれば、8月17日に一部サーバに負荷が発生していたことから調査したところ、不正アクセスの痕跡を発見したという。同社はサービスを一時停止し、外部からのアクセスを遮断した。

今回の不正アクセスで流出した可能性がある情報は、携帯電話のメールアドレスなど6016件。一部ユーザーについては、会員のログインIDやパスワードが含まれる。同サイトでは、氏名や住所といった個人情報は取得しておらず、これら情報の流出はなかった。

同社では、対象となる会員にメールで説明や謝罪を実施。また不正アクセス対策やセキュリティ対策の強化を実施したうえで、サービスを順次再開したいとしている。

(Security NEXT - 2012/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン