Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホイットニーさんの訃報に便乗する攻撃がSNS上で流通

ホイットニーヒューストンさんの訃報を悪用するサイバー攻撃が、早くもSNS上で出回っている。

2月11日の死亡報道直後より、SNS経由でニュースを伝えるツイートやFacebookの書き込みが広がったが、米Trend Microでは、便乗する攻撃を報道直後より確認しているという。

同社によれば、Facebook上では偽ビデオに装った投稿が出回っており、携帯電話番号などを盗み取ることを目的とした詐欺サイトへ誘導していた。同社では、同じIP上で101件以上の詐欺サイトを確認している。

また、Twitter上でも不正サイトへ誘導するリンクを含んだつぶやきが流通。特定のブログへ誘導するが、自動的に壁紙や着信メロディなどをダウンロードできるなどと説明するページへ転送。ユーザーがダウンロードしようとすると、情報を詐取するフィッシングサイトに誘導する。

最近では、レディーガガさんが亡くなったとするデマなど同様の攻撃が発生しており、同社ではソーシャルメディア上の脅威へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
YouTuberの広告審査や素行を監視するサービス - イー・ガーディアン
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
闇市場に「フェイクニュース」作成拡散サービス - 「いいね!」1000件が約2円から
実在組織名用いたメール攻撃訓練でトラブルのおそれも - IPAが注意喚起
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
「LINE」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数サイトが確認される
2016年のフィッシング報告数、微減となるも1万件超 - 悪用被害ブランドが1.6倍に