Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が外部流出した可能性、匿名の指摘で判明 - 大丸エナウィン

大丸エナウィンは、滋賀県内の一部顧客情報が外部に流出したおそれがあることを明らかにした。

流出した可能性があるのは、滋賀支店が管理していた彦根地区在住の顧客情報67件。氏名、住所、電話番号、請求金額などの個人情報が含まれる。12月7日に匿名の情報提供があったという。

詳細については、現在調査を進めているが、流出は確認できておらず、情報の不正利用といった二次被害の報告なども受けていないとしている。同社では、対象となる顧客へ事情の説明や謝罪を行う。

(Security NEXT - 2011/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
県立体育センターでメール誤送信 - 神奈川県