Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クリアスウィフト、「上長CC機能」を強化したメールセキュリティ製品 - 国内金融機関の要望に対応

クリアスウィフトは、メールセキュリティゲートウェイの最新版「CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 3.3」を提供開始した。

同製品は、ウイルスやスパム、誤送信などメールに関連する脅威を防止する機能を備えたオールインワン型のメールセキュリティゲートウェイ。

最新版では、送信メールにおいて上長のメールアドレスが同報に入っているか確認できる「上長CC機能」を強化した。

従業員と上長の関連付けについて、Active Directoryやテキストファイルにて一元管理することができるほか、事前の設定に従い、自動で上長へ同報送信することが可能。

同社リージョナルマーケティングマネージャーの中村真氏によれば、同機能は特に国内金融機関にからの要望が多く、日本からのフィードバックをもとに実施した機能追加だという。今後は地銀や生保などをターゲットに市場を拡大したいとしている。

110412cs.jpg
「シェア15%を最新版の投入により25%まで拡大させるのが目標」同社中村真氏

また今回のバージョンアップでは、「パーソナルメッセージ管理機能」を強化。送受信したメールをルールに従って一時保留でき、そのまま送信したり削除することが可能。

また日本語のほか、英語、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、中国語に対応しているほか、「iPad』『iPhone」「Blackberry」にも対応した。

参考価格は、100ユーザーが利用できるソフトウェア版、バーチャルソフトウェア版が48万円。プライアンス版が、80万8600円。

(Security NEXT - 2011/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
日立ソ、「活文 Enterprise Mail Platform」をクラウドで提供
「活文Enterprise Mail Platform」に添付ファイルやHTMLメールへの対策機能
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加
NTTソフト、メール誤送信対策ソフトの新版 - 確認操作の「慣れ」対策も
キヤノンITS、タイの日系企業向けにメールセキュリティサービス
「指さし確認」しないとメールを送信できない誤送信対策ソフト
ダウジャパン、メールセキュリティのアプライアンス - 添付ファイルの拡張子偽装検査にも対応
CITS、クラウド型メールセキュリティに英語版
NEC、メールフィルタリング製品を発売 - PWリスト攻撃の検知機能も