Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ISPにファイル共有ソフトで不正アップロードしたユーザーの氏名開示命じる判決

東京地方裁判所は、ISP1社に対し、ファイル共有ソフトを介して音楽ファイルを不正アップロードしていた6人の氏名開示を命じる判決を出した。

音楽ファイルをファイル共有ソフトを介して無断でアップロードし、著作隣接権を侵害しているとして、レコード会社9社が2010年8月に「プロバイダ責任制限法」に基づき、ISPへユーザー情報の開示を求めていたもの。

ISP側は、裁判所の判断なく発信者情報を開示できないとしたため、2011年1月に提訴した。日本レコード協会によれば、今後各レコード会社は、情報開示されたユーザーに対し損害賠償請求などを行う予定だという。

(Security NEXT - 2011/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
踏み台被害や不正通信を報告せず - 核物質管理センター
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
Lenovoのファイル共有ソフトに複数の脆弱性
核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕