Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、アクセス管理ゲートウェイ用Androidアプリをリリース

ネットスプリングは、ネットワークへ接続した端末のアクセスを管理できるゲートウェイ「FEREC」のユーザー向けに、Android搭載端末用アプリの提供を開始した。

「SmartSignOn for FEREC Android版」は、「ID」と「パスワード」を入力することで、同ゲートウェイによる無線やVPNによる接続を実現するAndroidアプリ。同社子会社のシステム・エンジニアリング・サービスが開発した。

同社では、2010年8月よりiPhone版の提供を開始しており、今回のAndroid版を追加した。「Androidマーケット」から無償でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2011/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
「Android アプリセキュアコーディングガイド」の新版が公開 - 「Android 9.0」に対応
携帯キャリアの「+メッセージ」に脆弱性 - アップデートが公開
Android端末を狙うクラウド型マルウェアサービス「MaaS」 - アクセシビリティ機能を悪用
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース