Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、アクセス管理ゲートウェイ用Androidアプリをリリース

ネットスプリングは、ネットワークへ接続した端末のアクセスを管理できるゲートウェイ「FEREC」のユーザー向けに、Android搭載端末用アプリの提供を開始した。

「SmartSignOn for FEREC Android版」は、「ID」と「パスワード」を入力することで、同ゲートウェイによる無線やVPNによる接続を実現するAndroidアプリ。同社子会社のシステム・エンジニアリング・サービスが開発した。

同社では、2010年8月よりiPhone版の提供を開始しており、今回のAndroid版を追加した。「Androidマーケット」から無償でダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2011/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
「VMware AirWatch」のコンソールなどに脆弱性 - アップデートが公開
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
2017年3Qの脆弱性登録は3695件 - 制御システム関連は99件
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止