Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、大学向け包括ライセンスを提供 - 教員や学生の個人PCにも適用

ソフォスは、契約期間中に利用者が増減した場合なども影響を受けずに利用できる大学向け包括ライセンスを提供する。

今回発表した「キャンパスライセンス」では、同社セキュリティ対策製品を、大学に対してサイトライセンスとして提供するもので、教員や学生の個人PCについても対象としている。

「Endpoint Security and Controlキャンパスライセンス」では、「Windows」「Mac」「Linux」「UNIX」などOSや利用台数に関係なくエンドポイント向けのマルウェア対策を実現。さらにアプリケーションやデバイスコントロールにも対応しているほか、「Active Directory」と連携し、グループごとにポリシーを設定することができる。

また「Endpoint + Email Security and Controlキャンパスライセンス」では、マルウェア対策にくわえ、スパムやウイルスメール対策を実現するメールゲートウェイセキュリティ製品を提供する。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
神戸大、業務PCでアダルトサイト閲覧した職員処分 - 2年で約1220時間
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
慶大、AO入試出願者の関連書類を誤表示 - システム不具合で
メールアカウントがフィッシングメール送信の踏み台に - 京都教育大
シンポジウム案内メールで誤送信 - 大阪市立大
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大