Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、大学向け包括ライセンスを提供 - 教員や学生の個人PCにも適用

ソフォスは、契約期間中に利用者が増減した場合なども影響を受けずに利用できる大学向け包括ライセンスを提供する。

今回発表した「キャンパスライセンス」では、同社セキュリティ対策製品を、大学に対してサイトライセンスとして提供するもので、教員や学生の個人PCについても対象としている。

「Endpoint Security and Controlキャンパスライセンス」では、「Windows」「Mac」「Linux」「UNIX」などOSや利用台数に関係なくエンドポイント向けのマルウェア対策を実現。さらにアプリケーションやデバイスコントロールにも対応しているほか、「Active Directory」と連携し、グループごとにポリシーを設定することができる。

また「Endpoint + Email Security and Controlキャンパスライセンス」では、マルウェア対策にくわえ、スパムやウイルスメール対策を実現するメールゲートウェイセキュリティ製品を提供する。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
イスラエル発の国際会議が国内初開催 - 軍関わる同国エコシステムの日本版に向けて議論
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設