Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、大学向け包括ライセンスを提供 - 教員や学生の個人PCにも適用

ソフォスは、契約期間中に利用者が増減した場合なども影響を受けずに利用できる大学向け包括ライセンスを提供する。

今回発表した「キャンパスライセンス」では、同社セキュリティ対策製品を、大学に対してサイトライセンスとして提供するもので、教員や学生の個人PCについても対象としている。

「Endpoint Security and Controlキャンパスライセンス」では、「Windows」「Mac」「Linux」「UNIX」などOSや利用台数に関係なくエンドポイント向けのマルウェア対策を実現。さらにアプリケーションやデバイスコントロールにも対応しているほか、「Active Directory」と連携し、グループごとにポリシーを設定することができる。

また「Endpoint + Email Security and Controlキャンパスライセンス」では、マルウェア対策にくわえ、スパムやウイルスメール対策を実現するメールゲートウェイセキュリティ製品を提供する。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
【特別企画】アンケートから見えたスマホネイティブ若年層の課題 - 専門家が報告
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大