Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、大学向け包括ライセンスを提供 - 教員や学生の個人PCにも適用

ソフォスは、契約期間中に利用者が増減した場合なども影響を受けずに利用できる大学向け包括ライセンスを提供する。

今回発表した「キャンパスライセンス」では、同社セキュリティ対策製品を、大学に対してサイトライセンスとして提供するもので、教員や学生の個人PCについても対象としている。

「Endpoint Security and Controlキャンパスライセンス」では、「Windows」「Mac」「Linux」「UNIX」などOSや利用台数に関係なくエンドポイント向けのマルウェア対策を実現。さらにアプリケーションやデバイスコントロールにも対応しているほか、「Active Directory」と連携し、グループごとにポリシーを設定することができる。

また「Endpoint + Email Security and Controlキャンパスライセンス」では、マルウェア対策にくわえ、スパムやウイルスメール対策を実現するメールゲートウェイセキュリティ製品を提供する。

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

山手線車内で生徒情報など鞄ごと紛失、盗難か - 筑波大付属高
不正アクセスでスパム送信、情報流出のおそれも - 長岡技科大
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定
富士ゼロックスのプリンタ管理ツール関連で2件の脆弱性
サーバ公開後に不正アクセス、フィッシングの踏み台に - お茶大
複数金融機関が採用するネットバンクアプリに脆弱性
学生メールアカウントに不正アクセス - 千葉大