Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実施していますか? 脆弱性の「緩和策」

コンピュータの利用時にサポートしてくれる「ヘルプ」機能は、操作に不慣れなユーザーも支えてくれる便利な機能だ。しかし、現在、Windowsが用意している「ヘルプとサポートセンター」機能に脆弱性が見つかり、危険な状況となっている。

URLリンクから「HCPプロトコル」を利用して同機能へアクセスできるが、URLの検証処理が存在しており、ブラウザで不正なページを閲覧した場合、脆弱性が悪用されて不正なコードが実行されるおそれがある。

マイクロソフトは、脆弱性の報告を受けてアドバイザリを公表し、脆弱性を解消する更新プログラムの準備を進めている。脆弱性は、7月の月例セキュリティ更新プログラムで解消される見込みで、提供日は14日を予定している。

実際にデモンストレーションをまじめ、攻撃によりプログラムが起動する様子を示すなど、脆弱性発表と同時にセキュリティベンダーが一斉に注意喚起を実施。アドバイザリ発表以降、ゼロデイ攻撃も発生している。

(Security NEXT - 2010/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も