Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

実施していますか? 脆弱性の「緩和策」

コンピュータの利用時にサポートしてくれる「ヘルプ」機能は、操作に不慣れなユーザーも支えてくれる便利な機能だ。しかし、現在、Windowsが用意している「ヘルプとサポートセンター」機能に脆弱性が見つかり、危険な状況となっている。

URLリンクから「HCPプロトコル」を利用して同機能へアクセスできるが、URLの検証処理が存在しており、ブラウザで不正なページを閲覧した場合、脆弱性が悪用されて不正なコードが実行されるおそれがある。

マイクロソフトは、脆弱性の報告を受けてアドバイザリを公表し、脆弱性を解消する更新プログラムの準備を進めている。脆弱性は、7月の月例セキュリティ更新プログラムで解消される見込みで、提供日は14日を予定している。

実際にデモンストレーションをまじめ、攻撃によりプログラムが起動する様子を示すなど、脆弱性発表と同時にセキュリティベンダーが一斉に注意喚起を実施。アドバイザリ発表以降、ゼロデイ攻撃も発生している。

(Security NEXT - 2010/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性