Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パスワード詐取で預金着服したソニー銀の元従業員が逮捕

パスワードの詐取により顧客の預金を着服したとして、警視庁は5月21日、ソニー銀行の元従業員を不正アクセス禁止法違反や電子計算機使用詐欺の容疑により逮捕した。

同事件は、元従業員がパスワードを詐取し、2008年9月から2009年8月にかけて預金を不正に引き出していたもので、元従業員は5口座から約3700万円を引き出し、借金の返済にあてていたという。

10月13日に顧客より問い合わせがあり発覚し、同行では元従業員について2009年10月に懲戒解雇。顧客に対する対応や監督官庁へ報告を行うとともに、2月に告訴し、事件を公表していた。

(Security NEXT - 2010/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開