Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大図研のサイトが改ざん被害 - 閲覧者にウイルス感染の可能性

図書館員が中心となり活動している研究団体「大学図書館問題研究会」のサイトが改ざんされ、閲覧者がウイルスに感染した可能性があることがわかった。

同会によれば、サイト内のディレクトリに設置されたインデックスページなどが改ざんされたもので、地方支部や過去に実施したイベントページなども含まれる。

「Gumblar」による改ざんと見られ、改ざんが発生した2010年1月3日0時30分から、修正が完了した6日11時までの間にアクセスした場合、不正サイトに誘導されウイルスに感染する可能性があった。

同会ではサイト上に謝罪を掲載するとともに、改ざん期間中にアクセスした利用者へウイルススキャンを実施するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布