Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有ソフトの「現在利用者」は9.1%で5年ぶり減少、改正著作権法の影響か - ACCSら調査

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本レコード協会(RIAJ)、日本国際映画著作権協会(JIMCA)の3団体は、2009年度の「ファイル共有ソフト利用実態調査」の結果を取りまとめた。

同調査は、9月24日から30日の間、メディアインタラクティブが運営するアンケートシステム「アイリサーチ」のモニターを対象にウェブアンケート方式で実施。回答数は2万1669件だった。

結果によれば、2008年10月以降にファイル共有ソフトを利用したことのある「現在利用者」の割合は9.1%で、前年の10.3%から5年ぶりに減少した。それ以前に利用したことのある「過去利用者」は11.7%だった。

「現在利用者」がおもに利用しているソフトは「Winny、Winnyp」が23.1%でもっとも多く、「Cabos」19.0%、「Limewire」16.3%、「BitComet・BitTorrent」14.5%、「Share」9.6%と続く。

ダウンロード経験のあるファイルは「音楽関連ファイル」が77.7%と1番多かった。次いで「映像関連」63.7%、「ソフトウェア」21.9%と続き、前年調査と大きな変動はなかった。

また、ファイル共有ソフトの利用により、37.3%がレンタルショップを利用する機会が減ったと回答。さらに、36.1%が音楽CDの購入が減ったと回答している。

(Security NEXT - 2009/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
ファイル共有ソフト、いまだに15万人が利用
著作権侵害事件、上半期の摘発は14件 - ACCS
ファイル共有ソフトのユーザー減少傾向続く - 「Winny」は約1万台強に
「Winny」などのファイル共有ソフト、今なお20万人が利用か - ネットエージェント調査
ACCSが2012年下半期の活動状況を報告 - 組織不正コピーの情報提供62件
ファイル共有ソフトのノード数が大幅減 - 改正著作権法の影響か
2012年のウイルス届出件数、14%減 - IPAまとめ
ウイルス対策ソフト導入は9割、一方セキュリティパッチ適用は4割
ACCS、摘発に協力した1年間の著作権侵害事件は83件 - 半数は「Share」関連