Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインデータベースサービスで利用者向けにシールを発行 - パイプドビッツ

パイプドビッツは、同社が提供するオンラインデータベース「スパイラル」を利用する企業サイトに対し、「スパイラルシール」を無料で発行すると発表した。

オンラインデータベース「スパイラル」の利用を明示するウェブ用のシールを無料で利用者に提供するもの。利用者が個人情報などを送信する前に、サイト上に表示されたシールをクリックすることで、サイトを運営している企業の「組織名」および「ホスト名」を確認できる。

シールが設置されているサイトのURLが記載のホスト名と合っていることと、さらにクリック後のページのホスト名が「.smp.ne.jp」であることを確認することで、送信する情報が「スパイラル」に送られることが確認できるとしている。

(Security NEXT - 2009/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
AVG統合後はじめてとなる「Avastシリーズ」 - 他社製品との併用モードなど追加
専用保管用ファイルなどセットにしたマイナンバーの一括管理キット
プリンストン、USBポートを物理的にロックするコネクタ
新版「ウイルスバスター」 、フォルダ監視でランサム被害防止 - LINE向け機能も
コモド、メールサーバ向け証明書をリリース
はがすと「OPEN」など文字がのこる封印シール
管理ツール刷新した法人向けESET新版 - 現場の声に耳を傾けゼロから開発
豊通シスコム、法人向けサービス「ITポリス」をワールドワイドで展開
キヤノンITS、メモリ上の監視や脆弱性の悪用対策強化したESET新版を発売