Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報がネット上に流出、問い合わせフォームが原因か - 京都の冠婚葬祭会社

冠婚葬祭事業を展開する京都市のセレマは、同社関係者の個人情報がネット上に流出していたことを明らかにした。ウェブサイトに設置された問い合わせフォームの不具合が原因だという。

流出が判明したのは、同社の求人募集や資料請求、プレゼント応募などに申し込んだ50人分の個人情報。氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスのほか、そのうち12人については学歴や自己PRなども含まれる。1月12日午後1時ごろ、外部から流出を指摘する連絡があり問題が判明した。

同社では、サイトに設置していた問い合わせフォームが流出の原因となった可能性が高いとして、関連ページを閉鎖した。同社では原因や流出経路について調査を進めている。また関係者に対して電話やメールで事情を説明するなど、引き続き対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/01/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
図書館のウェブサーバから個人情報流出の可能性 - 島根大
不正アクセスで視聴者情報37万件が流出か - TOKYO MX
茶類の通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 「Magento」の脆弱性突かれる
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業
東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
元従業員が顧客情報を持出、持ち込まれた業者の通報で発覚 - GMOメイクショップ
不正アクセスで個人情報2.2万件が流出の可能性 - ロングランプランニング
セミナー申込フォームに設定不備、個人情報が流出 - 雇用人材協会
サイトの復旧作業中に個人情報を誤送信 - テレビ朝日