Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ・セキュリティがIE脆弱性のレポートを公表 - ウェブ改ざんによる攻撃も確認

「Internet Explorer」に見つかった未解決の脆弱性に対し、ウェブの改ざんなど利用したゼロデイ攻撃が発生している。

IEのデータバインディング処理に含まれる脆弱性に対する攻撃を、NTTデータ・セキュリティが確認したもの。同社では今回の脆弱性について検証レポートをまとめ、注意を呼びかけている。

同社は今回、Windows XPやWindows Server 2003、同2008の各エディションを用意し、IE 6から8までをインストールし、検証を実施。その結果、攻撃者のコンピュータからシステムの制御を奪取できることを実証した。

さらに同社では、SQLインジェクション攻撃によりウェブサイトを改ざん、ウェブサイトへ誘因することで攻撃を行うケースを確認しており、ウェブサイトへアクセスしただけで攻撃を受ける可能性があると危険性を指摘。マイクロソフトが公表している回避策などを実行するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
WP向けプラグイン「Elementor Pro」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃で発覚
インフラ構成管理ツール「SaltStack」に深刻な脆弱性 - 悪用コード公開、早急に対処を
MSが4月の月例パッチ、脆弱性113件を修正 - すでに3件で悪用
「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト