Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータ・セキュリティがIE脆弱性のレポートを公表 - ウェブ改ざんによる攻撃も確認

「Internet Explorer」に見つかった未解決の脆弱性に対し、ウェブの改ざんなど利用したゼロデイ攻撃が発生している。

IEのデータバインディング処理に含まれる脆弱性に対する攻撃を、NTTデータ・セキュリティが確認したもの。同社では今回の脆弱性について検証レポートをまとめ、注意を呼びかけている。

同社は今回、Windows XPやWindows Server 2003、同2008の各エディションを用意し、IE 6から8までをインストールし、検証を実施。その結果、攻撃者のコンピュータからシステムの制御を奪取できることを実証した。

さらに同社では、SQLインジェクション攻撃によりウェブサイトを改ざん、ウェブサイトへ誘因することで攻撃を行うケースを確認しており、ウェブサイトへアクセスしただけで攻撃を受ける可能性があると危険性を指摘。マイクロソフトが公表している回避策などを実行するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2008/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Drupal」に深刻な脆弱性、アップデートが準備中 - 攻撃コードに警戒を
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新
Adobe、Flashゼロデイ脆弱性に対処した定例外更新をリリース - できる限り早急に更新を