Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

グローバル対応を強化した監視、制御ソフト「CWAT」の最新版

インテリジェントウェイブは、クライアント端末の制御や監視により情報漏洩を防止するソフトウェア「CWAT」最新版を10月27日より提供開始する。

同製品は、クライアントPCにおけるファイル操作やアプリケーションの起動、メール送信、ウェブアクセスなどを監視。不正操作を検知した際に警告や操作の制限が行えるセキュリティソリューション。デバイス制御や暗号化機能なども備えている。

最新版となる「同V4.0」では、キーワードによる検知を実現。「Unicode」利用時には言語を問わず監視することができ、ファイルの監視機能では、圧縮ファイル内のキーワードについても検知が行える。

さらに外部デバイスに対する制御機能を強化したほか、64ビットプロセスの監視やIPv6環境へ対応。また監視サーバにおけるユーザビリティの向上やインストールの簡略化などを実施した。

080822iw.jpg

インテリジェント ウェイブ
http://www.iwi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず