Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが月例パッチを公開 - ゼロデイ攻撃発生していたURL処理の問題を解消

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。当初の予告どおり、深刻度「緊急」「重要」とされるプログラムがそれぞれ1件づつ提供している。

深刻度が「緊急」とされる脆弱性は、Windows XPやWindows Server 2003にInternet Explorer 7をインストールした場合、WindowsのURIの処理に問題が発生するもので、不正に細工したURLを開いた場合、リモートでコードが実行され、パソコン内のデータにアクセスされたり、データが削除されるおそれがある。

ゼロデイ攻撃も発生しており、同社では10月にアドバイザリを公開し、注意を呼びかけていた。またアドビシステムズでは、PDFファイルに不正なリンクを埋め込まれた場合、同脆弱性の影響を受けるため、独自にアップデートを提供している。

同社によると、Windows XPやWindows Server 2003とIE 7以外の組み合わせで同様の脆弱性は確認していないが、今回の脆弱性は、Windowsのシェル処理上の脆弱性に起因していることから、今回のプログラムを適用することで、IE 7以外のアプリケーションで同様の脆弱性が発生した場合にも、影響も押さえることができるという。

一方、深刻度が「重要」とされるプログラムは、「Windows DNS Servers」の脆弱性を解消するもので、「Windows 2000 Server」「Windows Server 2003」向けに提供される。細工した応答をDNSリクエストに送信することで、「なりすまし」を行ったり、インターネットのトラフィックをリダイレクトされる問題を解消する。

また今月同社では、セキュリティ以外の優先度の高い更新プログラムを3件公開した。

2007年11月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-nov.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

関連記事:Windows XPとIE 7の組み合わせで脆弱性 - MSがパッチを準備中
http://www.security-next.com/006932.html

(Security NEXT - 2007/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性