Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

指紋認証対応USBメモリの脆弱性修正ソフトを公開 - ソニー

ソニーは、指紋認証機能を備えたUSBメモリに脆弱性が見つかった問題で、脆弱性を解消するパッチを公開した。同社ウェブサイトよりダウンロードすることができる。

今回公開となったのは、ポケットビット「USM128F」「USM512FL」の付属ソフトウェアの脆弱性を修正するパッチ。既存ソフトに適用することで脆弱性を解消できる。現在、同社では新規インストール用ソフトウェアについても準備を進めているという。

問題となったソフトは、一部機能においてインストールされるフォルダがWindows APIより確認できず、第三者に悪用される可能性があるなど問題が指摘され、同社では問題を解消するソフトの提供をアナウンスしていた。

脆弱性修正用ソフトウェアご提供のお知らせ
http://www.sony.jp/pr/info/info070928.html

ソニー
http://www.sony.co.jp/

ソニーマーケティング
http://www.sony.jp/

関連記事:指紋認証ソフトのルートキット問題でソニーが修正ソフト提供へ
http://www.security-next.com/006714.html

(Security NEXT - 2007/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON