Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロゴなど利用した巧妙なフィッシング詐欺サイトに注意呼びかけ - 新生銀行

新生銀行は、同社ウェブサイトを偽装したフィッシング詐欺サイトを確認したとして注意を呼びかけている。

問題のフィッシング詐欺サイトは、同社のオンラインバンキングサービス「新生パワーダイレクト」のIDやパスワードなどを不正に入手するため設置されたもので、ロゴなどを利用し、英語版のログインサイトを巧妙に模倣しているという。

同サイトへアクセスを促すスパムメールが7月11日に確認されており、件名のバリエーションについてもすでに6種類が確認された。いずれも英語で記載されており、同行利用者であるかないかにかかわらず無作為に送信されている。

同行では、メールに従いログインしてしまった場合は、同社コールセンターへ連絡し、暗証番号の変更手続きなどを取ってほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JPAAWGのイベントが11月に開催 - メールやメッセージのセキュリティを議論
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
「7pay」問題で役員報酬を自主返納、再発防止策も - セブン&アイHD
「情報処理安全確保支援士会」が設立 - 会員募集をまもなく開始
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正
中国関与の「APT10」、マレーシアやベトナムの医療関連に攻撃展開
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
効果的な情報共有について議論する国際シンポ - 11月に開催