Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロゴなど利用した巧妙なフィッシング詐欺サイトに注意呼びかけ - 新生銀行

新生銀行は、同社ウェブサイトを偽装したフィッシング詐欺サイトを確認したとして注意を呼びかけている。

問題のフィッシング詐欺サイトは、同社のオンラインバンキングサービス「新生パワーダイレクト」のIDやパスワードなどを不正に入手するため設置されたもので、ロゴなどを利用し、英語版のログインサイトを巧妙に模倣しているという。

同サイトへアクセスを促すスパムメールが7月11日に確認されており、件名のバリエーションについてもすでに6種類が確認された。いずれも英語で記載されており、同行利用者であるかないかにかかわらず無作為に送信されている。

同行では、メールに従いログインしてしまった場合は、同社コールセンターへ連絡し、暗証番号の変更手続きなどを取ってほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome 70.0.3538.102」がリリース - セキュリティ関連の修正は3件
実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
個人情報保護委、小学生対象に標語コンテストを開催
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ