Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロゴなど利用した巧妙なフィッシング詐欺サイトに注意呼びかけ - 新生銀行

新生銀行は、同社ウェブサイトを偽装したフィッシング詐欺サイトを確認したとして注意を呼びかけている。

問題のフィッシング詐欺サイトは、同社のオンラインバンキングサービス「新生パワーダイレクト」のIDやパスワードなどを不正に入手するため設置されたもので、ロゴなどを利用し、英語版のログインサイトを巧妙に模倣しているという。

同サイトへアクセスを促すスパムメールが7月11日に確認されており、件名のバリエーションについてもすでに6種類が確認された。いずれも英語で記載されており、同行利用者であるかないかにかかわらず無作為に送信されている。

同行では、メールに従いログインしてしまった場合は、同社コールセンターへ連絡し、暗証番号の変更手続きなどを取ってほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず