Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

火災被災者の個人情報がWinny流出 - 北九州市

北九州市は、消防局職員の自宅パソコンがウイルスに感染し、火災被害者や地域住民など287名の個人情報がネット上に流出したと発表した。

流出が判明したのは、火災などの被害者37名、地域住民182名、および研修受講者48名の個人情報。氏名、住所、電話番号、年齢などが含まれている。また、同職員が住むマンションの居住者に関する個人情報なども含まれていた。総務省からの指摘により、6月19日に判明したもので、流出時期は2006年1月ごろと見られている。

業務データの処理をWinnyがインストールされた自宅パソコンで行い、ウイルス感染したことでネット上に流出した。同市では、流出の対象となった関係者に対し事情説明と謝罪をするとともに、業務データの持ち出し禁止や個人パソコンからの業務データ削除を再徹底して、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も