Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中部電力、顧客情報入り検針端末が所在不明

中部電力は、長野営業所において、131戸の顧客情報が含まれた検針携帯用端末を紛失したと発表した。

紛失した端末機には2005年5月10日および11日の検針予定分131戸の契約情報が含まれていた。同社によれば、今年の5月10日に同端末に不具合が発生、同営業所に持ち帰っていたが、10月12日に端末機の点検を行った際、紛失が判明したという。営業所内を捜索したが見つかっていない。

同社では該当する顧客に事実説明と謝罪を行った。また、委託検針員および従業員に対して個人情報保護への意識強化を図り、適正管理を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援