Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機、ネットショップでスパイウェア駆除サービスを無償提供

ヤマダ電機は、同社ネットショップ「ヤマダ電機WEB.COM」において、「ユーザー向けスパイウェア検知および駆除サービス」の無償提供を開始した。

同サービスは、ネクステッジテクノロジーのスパイウェア対策製品「X-Cleaner マイクロスキャナ」を採用し、スパイウェアの検知、駆除サービスを提供するもの。同サイトで商品を購入したユーザーだけに留まらず、同サイトへの訪問者全員に対して無料で提供される。

ASP方式で提供されるため、ユーザー側でのソフトのインストールは不要。また、どのブラウザでも利用が可能となっている。検出結果はネクステッジテクノロジーのスパイウェア情報サイトで集計され、参照できる。

(Security NEXT - 2005/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース