Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤマダ電機、ネットショップでスパイウェア駆除サービスを無償提供

ヤマダ電機は、同社ネットショップ「ヤマダ電機WEB.COM」において、「ユーザー向けスパイウェア検知および駆除サービス」の無償提供を開始した。

同サービスは、ネクステッジテクノロジーのスパイウェア対策製品「X-Cleaner マイクロスキャナ」を採用し、スパイウェアの検知、駆除サービスを提供するもの。同サイトで商品を購入したユーザーだけに留まらず、同サイトへの訪問者全員に対して無料で提供される。

ASP方式で提供されるため、ユーザー側でのソフトのインストールは不要。また、どのブラウザでも利用が可能となっている。検出結果はネクステッジテクノロジーのスパイウェア情報サイトで集計され、参照できる。

(Security NEXT - 2005/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援