Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラブツーリズム、不正アクセスで9万人分の顧客情報流出か

クラブツーリズムは、第三者によるサーバへの不正侵入により、最大9万300名分の顧客情報が流出した可能性があると発表した。当分は、ホームページでの営業を休止するという。

同社によれば、2005年3月15日から3月17日の間、第三者によるサーバへの不正侵入を断続的に受けた。同社が保有するインターネット会員の顧客情報が、最大で9万300名分流出した可能性があるという。

顧客情報には、会員ID、パスワード、氏名、住所、電話番号、会社名、メールアドレス、生年月日、性別などが記載されていた。ただし、クレジットカード番号、銀行口座などの信用データは含まれていないという。

同社では事件発覚後、警視庁に被害の相談をするとともに、取締役を対策本部長とする「情報セキュリティ対策本部」を緊急設置して原因究明のための調査を開始した。また専門のコールセンターを設置して、被害の有無や、今後起こりうる問題などについての問い合わせに対応するとしている。

(Security NEXT - 2005/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性