Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ニフティ、会員を狙ったワンクリック詐欺に注意喚起

ニフティでは、同社会員宛に不審なメールが届き、クリックするとアダルトサイトへ接続、料金が請求される詐欺が発生しているとして、注意を呼びかけている。

アットニフティでは、同社会員宛に不審なメールが届き、クリックするとアダルトサイトへ接続、料金が請求されるワンクリック詐欺が発生しているとして、注意を呼びかけている。

送付元は同社ドメインを偽装しており、同社から届いたようなイメージを与えるものだという。また、送信元が受信者本人のアドレスとなっている場合もある。メールをクリックするとアダルトサイトへ誘導され、接続しただけにもかかわらず利用料が不当に請求されたり、アドレスが詐取される恐れがある。

ニフティでは、アルファベットや数字で構成されているアドレスを提供しており、今回の事件は、送信元が適当な文字を組み合わせ、機械的に送付しているものではないか、としている。

ニフティでは、不審なメールが届いてもURLをクリックせず、料金を請求するメールが届いた場合も支払わず、消費生活センターへ相談するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ