Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、情報漏洩や持ち出しを防止するサーバパッケージを発売

NECは、個人情報や社内文書などの機密情報の持ち出しや、操作ミスによる情報漏えいを防止する「Express5800 SecurePack機密データサーバソフトウェアパック」を発売した。

「Express5800 SecurePack機密データサーバソフトウェアパック」は、ファイルの持ち出しを禁止、制御する「InfoCage/持ち出し制御」、持ち出し許可したファイルを暗号化する「InfoCage/ファイル暗号」、サーバ自体をウイルス感染から守る「ServerProtect」および、セットアップ用統合インストーラ「SecurityNavigator」をパッケージ化したもの。

「Express5800/100シリーズ」「iStorageNSシリーズ」とともに導入することで、個人情報や社内情報のファイル持ち出し禁止、許可した持ち出しファイルの暗号化を可能とし情報漏えい対策環境の構築を容易に実現する。

同社では今回の発売にあわせて、ファイルの持ち出し記録など、情報漏えいの可能性のあるログを管理者に通報し、対策強化を可能とする「Express5800セキュリティ通報サービス」、ファイアウォール、ウイルス対策サーバなど、ネットワークからのセキュリティ被害を防御するインターネットアプライアンスサーバ「Express5800/InterSecシリーズ」を強化した。

(Security NEXT - 2004/12/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず