Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT、迷惑メールを予防する新システムの公開実験を開始

日本電信電話は、利用者が自由に利用条件を設定できる条件付きID技術「privango」および迷惑メールを予防する「privangoメールシステム」を開発し、同システムによるメールサービスの公開実験をサイト上で開始した。

同メールシステムは、「privango」技術を適用することで、有効期限や通信相手などの利用条件が設定された条件付きメールアドレスを提供するもの。条件に合致しないメールはメールサーバによって自動的にブロックされるため、万が一提供されたアドレスが漏洩しても、迷惑メールを予防することができる。

同社では、同システムによるメールサービスの有効性を検証評価するための「privangoメールサービスの公開実験」を、2005年3月10日まで実施している。

(Security NEXT - 2004/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業