Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

無線LANのセキュリティ対策、民間企業に対策の遅れ

総務省が実施した「情報セキュリティに関する実態調査」によれば、無線LANのセキュリティ対策を全く施していない民間企業が14%に達した。

同調査は、東証一部、東証二部に上場している民間企業と各種団体を対象に実施したもの。無線LANの導入は全体の半分に達し、全社的に利用している企業も5%弱となっている。

しかしながら、民間企業において何かしらセキュリティ対策を行っていると回答した企業は69.8%、病院にいたっては58.6%と低い数値を示している。一方、地方自治体では81%が対策を取っており、民間企業における対策の遅れが目立つ結果となった。

(Security NEXT - 2004/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も