Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2004年上半期のウイルス感染被害は前年度比2倍に

トレンドマイクロは、2004年上半期のウイルス感染被害レポートを発表した。

2004年上半期の国内ウイルス感染被害報告数は36039件で、昨年の上半期(17026件)に比べ倍以上となった。トレンドマイクロによれば、年初より多発したマスメール型ワームが増加の原因となっているという。また、ウェブを感染経路とするウイルスも多数被害が報告されている。

また、同レポートでは、セキュリティホールの発見から、ウイルス発生までの機関が短縮していることを指摘。NIMDAが1年近くかかったのに対し、Sasserでは17日という短期間で出現している。同社では、パーソナルファイアウォールなどの導入は必須であるとまとめている。

(Security NEXT - 2004/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に