Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本信販、カード会員情報10万人分が流出

日本信販は、同社の会員情報10万人分について流出の可能性があると発表した。流出した情報には住所や生年月日のほか、カード番号も含まれている。

日本信販によれば、同社会員4名に対し、覚えのない債権回収業者より有料サイトの請求書が届いたという。請求書では、氏名、住所など同社に登録されている特有のものと同じ表現が用いられていた。

日本信販では、今回流出したとされる4件の個人情報が同一ファイルで管理されていたことから、同ファイルが流出したのではないかと推測している。今回漏れたとされる情報は、氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、カード番号など。

同社では、情報が流出した可能性がある顧客に対し書面にて連絡、現在警察や専門機関と協力し、調査を進めているとしている。

(Security NEXT - 2004/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
従業員情報を議員に漏洩、後援会入会の礼状届く - JA北海道厚生連
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加