Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本信販、カード会員情報10万人分が流出

日本信販は、同社の会員情報10万人分について流出の可能性があると発表した。流出した情報には住所や生年月日のほか、カード番号も含まれている。

日本信販によれば、同社会員4名に対し、覚えのない債権回収業者より有料サイトの請求書が届いたという。請求書では、氏名、住所など同社に登録されている特有のものと同じ表現が用いられていた。

日本信販では、今回流出したとされる4件の個人情報が同一ファイルで管理されていたことから、同ファイルが流出したのではないかと推測している。今回漏れたとされる情報は、氏名、住所、電話番号、性別、生年月日、カード番号など。

同社では、情報が流出した可能性がある顧客に対し書面にて連絡、現在警察や専門機関と協力し、調査を進めているとしている。

(Security NEXT - 2004/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
「Firefox 70」が登場、脆弱性13件を修正 - PW生成機能なども
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開
セキュリティ業務の倫理行動宣言企業を公表 - JNSA
「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに
メルアカに不正アクセス、迷惑メール送信の踏み台に - JEMIC
高校で成績一覧表をプロジェクターで投影 - 岐阜県