Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱東京UFJ銀、約96万人の顧客情報を紛失 - 誤廃棄か

三菱東京UFJ銀行85支店において約96万件の個人情報を含む資料などが所在不明となっていることがわかった。

紛失したのは、ATMの取引情報を記録したATMジャーナルをはじめ、伝票、マイクロフィルムといった内部資料。顧客の氏名や口座番号、取引金額が記載されていた。同行では、資料の集中管理を進めており、その過程で発覚したという。

同行では、保管期限が切れた書類などと一緒に誤廃棄した可能性が高く、紛失の可能性は低いと結論づけている。同社では、管理体制の整備など、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2006/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性