Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東、ひかり電話の不具合で一部料金返還

NTT東日本は、同社が提供するIP電話サービス「ひかり電話」において一時つながりにくい状況になったことを受け、問題があった期間の一部料金を減算すると発表した。

今回の不具合は、ひかり電話の呼制御を行うサーバのソフトウェアに不具合があり、9月19日に処理が正しく行われない状態が発生したもの。翌20日も19日に発生した不具合の影響でつながりにくい状況になり、同社では、不具合が発生した19日から21日までサーバの負荷を押さえるため、発着信の一部制限などを実施。ひかり電話加入者80万件に影響が出た。

同社によれば、23日にソフトウェアの不具合を解消しているという。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

(Security NEXT - 2006/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けカートプラグインにXSSの脆弱性
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社