Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校教諭が個人情報含むUSBメモリを一時紛失、6日後回収 - 大阪府

大阪府は、高校教諭が生徒の個人情報含むUSBメモリを一時紛失したことを明らかにした。教諭が立ち寄った店がUSBメモリを保管しており、6日後に返却されたという。

同府によれば、3年生25人分の氏名や学年、クラス、出席番号、成績のほか、1人分の成績会議資料が保存されていたUSBメモリを一時紛失したもの。

USBメモリへ個人情報を保存することは禁止されていたが守られておらず、同教員は1月に私物のUSBメモリへ個人情報を保存。校外に持ち出していたという。

3月6日にUSBメモリがないことに教諭が気づいた。探索するも発見できず、3月8日に校長へ報告。3月12日に同教諭が3月6日の出勤前に立ち寄った店舗へ確認したところ、USBメモリが落とし物として保管されていることが判明し、回収した。

同校では、対象となる生徒の保護者に電話で経緯を説明するとともに謝罪。また全校生徒の保護者に対して書面で謝罪した。

(Security NEXT - 2024/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応
海外子会社へのサイバー攻撃、国内サーバでも痕跡確認 - フジクラ
イベント応募フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 松竹